tel:072-233-6633

知っておくべき事

交通事故での腰痛について⑨

腰の痛みを訴えてふじた整骨院にご来院される患者様のほとんどは筋肉が原因で痛みがでておられます。  しかし、腰の筋肉を揉むだけでは改善されないケースも多くあります。

 

実は、腰痛は腰とは別の場所の筋肉が原因で腰に痛みを感じさせていることが多いのです。

今回も腰痛と深いかかわりのある筋肉を紹介します。

 

腰痛でお悩みの方に少しでも役に立って頂ければ幸いです。  

腰痛の原因筋である『下腿三頭筋』   いわゆる『ふくらはぎ』の筋肉です。

実際は『腓腹筋』『ヒラメ筋』という2種類の筋肉から構成されています。

 

有名な『アキレス腱』につながっている筋肉です。  

経験上、立ち仕事が多い方、特に骨盤を前に突き出た様な立ち方をされている方は、ここに負担が掛かり傷めやすいようです。

 

主に腰を反らすと痛みが出る事が多いです。  

 

立った状態で腰を反らすと痛みが出るのに、座って腰を反らすと腰の痛みが出ない場合はまずこの筋肉を腰痛の原因筋と疑います。

交通事故での腰痛について⑧

腰の痛みを訴えられてふじた整骨院にご来院される患者様のほとんどは筋肉が原因で痛みがでてらっしゃいます。

 

しかし、腰の筋肉を揉むだけでは解消されないケースもも多くあります。

今回も腰痛の原因となっている筋肉を紹介していきたいと思います。

 

ご自身のお身体の事を知る機会に少しでもなって頂けたら嬉しいです。

今回は、腰痛の原因筋『大腿四頭筋』です。

 

ハイヒールなど踵の高い靴を履いている方は骨盤が前に傾いてしまい、背中が後ろに倒れる姿勢となるので、立っているだけでこの筋肉に負担を掛けてしまいます。

更に歩く際に膝が曲がった状態になりやすく、そのまま歩くと負担が倍増し傷めやすくなります。

 

普段ハイヒールを頻繁に履く方は、正しいヒールの歩き方を身に着けた方がいいです。

経験上、前に屈んだ時に「腰が痛い」と訴える方に多いように思えます。

 

太ももを伸ばすストレッチをした時に、腰に痛みが出たりする方もこの筋肉が腰に負担を掛けていることも多く、反り腰で太ももの前側がパンパンに張っている方はこの筋肉が原因で腰痛になっている可能性があります。

交通事故での腰痛について⑦

腰の痛みを訴えてふじた整骨院にご来院される患者様のほとんどは、筋肉が原因で痛みがでてらっしゃいます。

 

しかし、腰が痛いからと言って腰の筋肉をいくら揉んでも痛みが解消されないケースも多くあります。  

 

今回は、腰痛の原因筋『内側ハムストリングス』です。   前回でご紹介しました外側ハムストリングスと似ていますが、こちらの『内側ハムストリング』を痛めている方も多いです。

  経験上、座り仕事が多く、膝を曲げている時間が長い方や、ご年配の方で骨盤が後ろに傾いている方、立ったまま前傾姿勢で仕事をされる方がよく傷められているように思います。

 

  この筋肉は主に足の動きをサポートする筋肉で、いつもガニ股で歩いたり、普段から立っている時に足を開いて立ってばかりいると前回の外側ハムストリングスばかり使い続けることになり、

この筋肉が弱くなっていきます。

 

そんな状態で、急な坂道を登ったり、前屈みになったりすると、急な負担に耐えられず傷める場合もありますので、普段の足の使い方も大変重要です。

 

  因みに、段差を上るときや椅子から立ち上がる際、膝のお皿が内側に入る傾向にある方はこの筋肉が弱くなっている可能性が高いです。

 

一度checkしてみて下さいね。

交通事故での腰痛について⑥

腰の痛みを訴えてふじた整骨院にご来院される患者様のほとんどは筋肉が原因で痛みがでてらっしゃいます。

 

だからと言って腰の筋肉を施術しても痛みが解消されないケースも多くあります。

 

今回で第6回目となりました。

今回は腰とは離れた場所が原因で腰痛を訴えるケースをご紹介します。

 

腰痛の原因筋『外側ハムストリングス』

『外側ハムストリング』は膝を曲げたり、股関節を後ろに伸ばしたりするときに働く筋肉です。

 

腰を反らした時などに痛みが出る場合が私の臨床経験上多いように思えます。

 

普段、歩くときに後ろにけり出す歩き方ではなく、トボトボと前に足を出して歩く方や長時間の座り仕事で常にヒザが曲がっている方、ご年配の方で骨盤が後ろに傾いているような方はここが固くなり易く、ふいに屈んだり、椅子から立ち上がった時などでよく傷めやすいです。

 

経験上、、飲食店などで調理をされている方や前傾姿勢で仕事をしなければならない方は、ここに負担を掛け続ける姿勢となるのでよく傷めているように思えます。

 

立って腰を反らすと痛むのに、座って腰を反らすと痛まない方はここの筋肉が原因で痛みを感じられる場合が多いです。

交通事故での腰痛について⑤

腰痛を訴えてふじた整骨院にご来院される患者様のほとんどは筋肉が原因で痛みが出てらっしゃいます。

 

しかし、腰が痛いからと言って腰の筋肉を施術しても痛みが解消されないケースも多くあります。

 

今回は第5回目の腰痛の原因筋をあげていきます。

 

腰痛の原因筋『梨状筋』

 

1493713421515

 

『梨状筋』は骨盤と股関節をつなぐ筋肉です。

主に足を外に捻る動作で働く筋肉です。

 

小さな筋肉ではありますが、この筋肉に負担が掛かり、凝り始めてくると『坐骨神経痛』が起こりやすくなります。

腰痛の治療だけでなく、神経痛の治療でも重要な筋肉になります。

 

主に左右の股関節を内に捻るような座り方、通称『お姫様(ペタンコ)座り』が癖になっている方、

産後に骨盤が開いて反り腰になり、股関節が内に捻じれてしまってクセづいている方が今までの臨床経験上『梨状筋』を傷めやすいように思えます。

足の踵とつま先をそろえて立った時、膝のお皿が内側に入っている(本来は真直ぐ正面を向いているのが正常)方は要注意です!

また、『梨状筋』を痛めると、腰からお尻の真中寄りに痛みが出たり、腰を反らすと足まで痛みが響くなどの症状がでます。

就寝中、特に横向きに寝ていても股関節周囲が重痛くて、眠れないなどの症状を訴えられる方もいます。

交通事故での腰痛について④

腰痛を訴えてふじた整骨院にご来院される患者様のほとんどは筋肉が原因で痛みが出てらっしゃいます。

 

しかし、腰が痛いからと言って腰の筋肉を施術しても痛みが解消されないケースも多くあります。

 

今回は第4回目の腰痛の原因筋を挙げていきます。

 

腰痛の原因筋『小殿筋』

 

1493713415723 250x445

 

 

『小殿筋』は、前回紹介しました『中殿筋』よりさらに奥にあり、骨盤と股関節を外側から支える筋肉です。

 

足の付け根から側面に広がる痛みやピリピリした痺れ感や違和感、いわゆる『坐骨神経痛』と言われる症状がある方はここを傷めているケースが多いです。

 

『中殿筋』と同じく、足を組む・片脚に体重を乗せて立つ・お尻のポケットに財布を入れる習慣がある方は特に注意して頂く必要があります。

 

他には、ガニ股で歩いたり、椅子に座っている時に足を開脚して座っている方も『小殿筋』を傷めやすいです。

 

特に男性の方は気を付けてくださいね。

交通事故での腰痛について③

交通事故での腰痛を訴えてご来院される患者様のほとんどは筋肉が原因で痛みが出ておられます。

だからといって、腰の筋肉を施術してもなかなか改善されないケースが多くあります。

 

今回は第3回目の腰痛の原因筋を挙げていきます。

    腰痛の原因筋    『中殿筋』

 

tyuden

 

 

『中殿筋』は骨盤と股関節を外側から支えている筋肉です。ここに痛みが出ると腰からお尻周囲にかけて痛みが広がります。

 

歩いていると腰が痛かったり、立ったまま身体を左右にを倒すと痛みが出るという方はここを痛めている事が多いです。

 

妊婦さんやお腹が大きくて骨盤が前に傾いている方、足をよく組む方、普段立っているときに片方の足に重心をかけていることが多い方、ポケットにお財布などを入れたまま日常生活を送られている方は『中殿筋』に負担が掛かり傷めやすいです。

 

前回にご紹介した『大殿筋』との関係も強く、大殿筋・中殿筋どちらかが痛くなるともう片方にも痛みが広がることが多くあります。

交通事故での腰痛について②

交通事故での腰の痛みを訴えて来院される患者様のほとんどは筋肉が原因で痛みが出ております。

しかし、腰が痛いからと言って、腰の筋肉を緩めてもなかなか改善しないケースが多くあります。

 

前回から引き続き腰痛の原因筋をあげていきます紹介していきます。

 

腰痛の原因筋である『大腰筋』

1492760983934637

 

『大腰筋』は、お腹の奥にある腰の背骨と骨盤を強力に支えている筋肉です。

ぎっくり腰や、一般的な『慢性腰痛』と呼ばれる症状で痛みが出る筋肉です。

 

仰向け(上向き)で寝ると腰に痛みが出たり、ここの痛みが『坐骨神経痛』を引き起こす場合もあります。

 

背骨と骨盤を支えている筋肉だけに背骨・骨盤を歪めるような猫背の姿勢や、左右どちらかにもたれかかる様な、悪い姿勢が続くと傷めやすくなります。

 

また、座っている時間が多いデスクワークの方や、普段ハイヒールなどを履いて反り腰で日常

生活をされている方が傷めやすい筋肉です。

 

『大腰筋』は、腰痛治療としてもとても重要な筋肉です。

交通事故での腰痛について①

交通事故での腰の痛みを訴えてご来院される患者様で痛みの原因となっている場所は8割から9割近くが筋肉が原因で痛みが出ています。

しかし、腰が痛いからと言って腰の筋肉の治療だけをしてもなかなか改善されない患者様も多いです。

そこで、今回から腰の痛みの原因となっている筋肉をシリーズで挙げていきます。

交通事故にあわれた方や、長年の腰の痛みにお悩みの方に、ご自身のお身体について少しでも知っていただけたらと考えております。

腰痛の原因の1つである筋肉『大殿筋』は、お尻にある大きな筋肉です。

デスクワークなどで長時間座っていることで圧迫を受けていたり、足を組んで座っている事が多かったりすると傷めるケースが多いです。

他に、前屈みでの作業をすることが多い方もこの筋肉に負担が掛かり傷めやすいです。

また、この筋肉を傷めることで二次的に他の筋肉にまで影響が出て、傷めてしまう事があります。

『大殿筋』は腰痛治療をするうえで重要な筋肉です。

骨盤や背骨、股関節の歪みに特に影響されやすい筋肉でもあります。

ムチ打ちってどんな症状?

          

むちうちとは、交通事故やスポーツによって首に不自然な力が加わり、「首が痛い・首が回らない」といった症状を発症する怪我の一種です。首に力が加わる際に、首がS字にしなる事が、鞭を打った様な形になるため「むちうち症」と呼ばれています。

 

 

 


 正式には、頚椎捻挫(けいついねんざ)がむちうち症の大部分で、その名の通り首に負荷がかかる事で起きた「首の捻挫」です。成人の頭部の重さは約8kgで、それを支えている首がの筋肉等軟部組織が損傷している状態です。   例えば、交通事故に遭い、「首がちょっと痛いけど目立った怪我は無かった。良かった~」と思っていても、実はむちうちだったというケースはよくあります。ただの首の捻挫と軽く考えていても、ひどい場合神経や脊髄を傷つけて腕や手にまで痛みやしびれが出るケースもあります。

 

また事故後数日経ってから症状が出ることがあり、「ちょっと痛いだけ」はのちのちちょっとでは済まなくなることがむち打ちでは多くありますので注意が必要です。

 

サブカテゴリ

戻る

ログイン

戻る メニュー

カート

JTouch Mobile Extension for Joomla! 2.5 (c) 2011 - 2014 Griddy Designs, LLC