知っておくべき事

交通事故での腰痛について⑪

 腰痛は今や国民病と言われています。
一般成人で数人に一人は腰痛を経験したことがあるというデータが出ているそうです。
 
ふじた整骨院にも腰痛を訴えて来院される患者様はたくさんいらっしゃいます。
そのほとんどは筋肉が原因の痛みではありますが、腰と言われている辺りをいくら揉んでもその場しのぎになるだけという場合もあります。
 
今回は当院では、なぜ腰の筋肉の痛みに対して背骨・骨盤矯正をおすすめしているのかをお伝えしたいと思います。
 
では、まず、こちらの画像をご覧ください。
 
14986210115741498621007463
 
 
 
今回までの記事(交通事故での腰痛について①~⑩)までをご覧いただいた方は、これが何かはご存知かと思います。
(まだご覧になられていない方は、よろしければ交通事故での腰痛について①~⑩をご覧ください)
ご紹介した筋肉のほとんどが骨盤にくっついているのがお分かりになると思います。
 
筋肉は生理学的にも運動学的にも骨を軸にして支えています。
この骨盤が歪んだり、捻れたりすると筋肉も捻られた状態で支えることになります。
 
この状態は例えば、『腰を捻った状態で10分間過ごしてみて下さい。』
すると、結構いろんな箇所が痛くなるのが分かるかと思います。
極端な例でしたが、これが背骨が歪んだり、捻じれたりしている状態です。
 
なので骨盤が歪んだり捻れたりしている方は知らない間に、このような負担を掛け続けていることになります。
 
いかがでしょうか?今、腰を捻り続けていらっしゃる方は、そろそろ痛みだしてきたところをご自分の手で簡単でいいのでマッサージしてみて下さい。
刺激が適切なら気持ちいいと思いますよ。
でも、手を離したらまたそこが痛くなると思います。
これがマッサージをしてもすぐに戻る腰痛の正体です。