知っておくべき事

          

むちうちとは、交通事故やスポーツによって首に不自然な力が加わり、「首が痛い・首が回らない」といった症状を発症する怪我の一種です。首に力が加わる際に、首がS字にしなる事が、鞭を打った様な形になるため「むちうち症」と呼ばれています。

 

 

 


 正式には、頚椎捻挫(けいついねんざ)がむちうち症の大部分で、その名の通り首に負荷がかかる事で起きた「首の捻挫」です。成人の頭部の重さは約8kgで、それを支えている首がの筋肉等軟部組織が損傷している状態です。   例えば、交通事故に遭い、「首がちょっと痛いけど目立った怪我は無かった。良かった~」と思っていても、実はむちうちだったというケースはよくあります。ただの首の捻挫と軽く考えていても、ひどい場合神経や脊髄を傷つけて腕や手にまで痛みやしびれが出るケースもあります。

 

また事故後数日経ってから症状が出ることがあり、「ちょっと痛いだけ」はのちのちちょっとでは済まなくなることがむち打ちでは多くありますので注意が必要です。

 

交通事故に遭うとどんな症状がでるの??

むち打ち症、骨折、捻挫、打撲、腰痛、手足の障害、めまい、痛み、しびれ、だるさなど様々な外傷・症状がございます。放っておくと事故から数週間から一カ月後に症状が出る場合もあり、原因がわからないなど思われる方も沢山いらっしゃいます。

交通事故に遭遇した当初は痛みを感じずにいたがその後痛みが急に出ることも多いのです。まずは整骨院で検査を受け、必要に応じて施術を受けてみましょう。

交通事故治療は転院ができるのか?

病院だけでの治療の場合、湿布や痛み止めのお薬の処方で治療が終わってしまうこともございます。それだけでは完治しない場合も多いため、その際は当院は「病院➡整骨院」の転院ではなく、「病院と整骨院の併用」ををおすすめしております。

一般に併用したほうが、症状改善が早く後遺症も残らず完治の可能性が高いと考えているためです。

 

また、①病院だけでなく整骨院の施術も受けたい方や、②現在整骨院に通っているが別の整骨院の施術を受けてみたい方 等の転院をお考えの方は、ぜひ一度最初に当院にご相談ください。担当する保険会社によっては「病院と整骨院の併用」や「転院」に難色を示す場合もございますので、スムーズに併用や転院できるようアドバイスをさせていただきます。

 

 

交通事故後におきる症状は!?

  • 1じっとしていると首がだるく、何事にも集中ができない・・・
  • 2首から肩にかけて重く、頭痛までおきる・・・
  • 3膝が痛くて階段などの段差がつらい・・・
  • 4十分睡眠をとっても疲れがとれない・・・
  • 5座っているだけで腰が痛い・・・

交通事故は何も外傷がなくても身体に支障をきたしている場合が多いのです。
また痛みを理解してもらうことができずつらいものです。
悩まず、まずは整骨院に相談してみましょう。