知っておくべき事

ムチ打ちってどんな症状?

          

むちうちとは、交通事故やスポーツによって首に不自然な力が加わり、「首が痛い・首が回らない」といった症状を発症する怪我の一種です。首に力が加わる際に、首がS字にしなる事が、鞭を打った様な形になるため「むちうち症」と呼ばれています。

 

 

 


 正式には、頚椎捻挫(けいついねんざ)がむちうち症の大部分で、その名の通り首に負荷がかかる事で起きた「首の捻挫」です。成人の頭部の重さは約8kgで、それを支えている首がの筋肉等軟部組織が損傷している状態です。   例えば、交通事故に遭い、「首がちょっと痛いけど目立った怪我は無かった。良かった~」と思っていても、実はむちうちだったというケースはよくあります。ただの首の捻挫と軽く考えていても、ひどい場合神経や脊髄を傷つけて腕や手にまで痛みやしびれが出るケースもあります。

 

また事故後数日経ってから症状が出ることがあり、「ちょっと痛いだけ」はのちのちちょっとでは済まなくなることがむち打ちでは多くありますので注意が必要です。

 

交通事故に遭うと必ずむち打ち(頚椎捻挫)になりますか?

必ずとは言いませんが、交通事故に遭遇、特に追突された場合はむち打ちになるケースが非常に多く、軽い症状から重症まで存在します。

むち打ちは神経痛を伴うと、直接的には首を動かした時の痛み、じっとしていても常にある痛み、可動範囲の制限などがあります。また、背中、頭や両肩から両腕全体、指先に至るまで痛み・しびれ・違和感などの症状が発生し、頭痛・目まい・耳鳴り・吐き気などを伴うケースも多々あります。

また、むち打ち症は施術開始が遅くなると、完治せず後遺症として残る恐れがありますので、必ず早めに診療を受けるようにしましょう。

後遺症と認められてしまえば、自己負担金0円では治療は受けられなくなります。

交通事故後におきる症状は!?

  • 1じっとしていると首がだるく、何事にも集中ができない・・・
  • 2首から肩にかけて重く、頭痛までおきる・・・
  • 3膝が痛くて階段などの段差がつらい・・・
  • 4十分睡眠をとっても疲れがとれない・・・
  • 5座っているだけで腰が痛い・・・

交通事故は何も外傷がなくても身体に支障をきたしている場合が多いのです。
また痛みを理解してもらうことができずつらいものです。
悩まず、まずは整骨院に相談してみましょう。