知っておくべき事

交通事故での腰痛について①

交通事故での腰の痛みを訴えてご来院される患者様で痛みの原因となっている場所は8割から9割近くが筋肉が原因で痛みが出ています。

しかし、腰が痛いからと言って腰の筋肉の治療だけをしてもなかなか改善されない患者様も多いです。

そこで、今回から腰の痛みの原因となっている筋肉をシリーズで挙げていきます。

交通事故にあわれた方や、長年の腰の痛みにお悩みの方に、ご自身のお身体について少しでも知っていただけたらと考えております。

腰痛の原因の1つである筋肉『大殿筋』は、お尻にある大きな筋肉です。

デスクワークなどで長時間座っていることで圧迫を受けていたり、足を組んで座っている事が多かったりすると傷めるケースが多いです。

他に、前屈みでの作業をすることが多い方もこの筋肉に負担が掛かり傷めやすいです。

また、この筋肉を傷めることで二次的に他の筋肉にまで影響が出て、傷めてしまう事があります。

『大殿筋』は腰痛治療をするうえで重要な筋肉です。

骨盤や背骨、股関節の歪みに特に影響されやすい筋肉でもあります。