知っておくべき事

交通事故での腰痛について⑤

腰痛を訴えてふじた整骨院にご来院される患者様のほとんどは筋肉が原因で痛みが出てらっしゃいます。

 

しかし、腰が痛いからと言って腰の筋肉を施術しても痛みが解消されないケースも多くあります。

 

今回は第5回目の腰痛の原因筋をあげていきます。

 

腰痛の原因筋『梨状筋』

 

1493713421515

 

『梨状筋』は骨盤と股関節をつなぐ筋肉です。

主に足を外に捻る動作で働く筋肉です。

 

小さな筋肉ではありますが、この筋肉に負担が掛かり、凝り始めてくると『坐骨神経痛』が起こりやすくなります。

腰痛の治療だけでなく、神経痛の治療でも重要な筋肉になります。

 

主に左右の股関節を内に捻るような座り方、通称『お姫様(ペタンコ)座り』が癖になっている方、

産後に骨盤が開いて反り腰になり、股関節が内に捻じれてしまってクセづいている方が今までの臨床経験上『梨状筋』を傷めやすいように思えます。

足の踵とつま先をそろえて立った時、膝のお皿が内側に入っている(本来は真直ぐ正面を向いているのが正常)方は要注意です!

また、『梨状筋』を痛めると、腰からお尻の真中寄りに痛みが出たり、腰を反らすと足まで痛みが響くなどの症状がでます。

就寝中、特に横向きに寝ていても股関節周囲が重痛くて、眠れないなどの症状を訴えられる方もいます。