知っておくべき事

交通事故での腰痛について⑥

腰の痛みを訴えてふじた整骨院にご来院される患者様のほとんどは筋肉が原因で痛みがでてらっしゃいます。

 

だからと言って腰の筋肉を施術しても痛みが解消されないケースも多くあります。

 

今回で第6回目となりました。

今回は腰とは離れた場所が原因で腰痛を訴えるケースをご紹介します。

 

腰痛の原因筋『外側ハムストリングス』

『外側ハムストリング』は膝を曲げたり、股関節を後ろに伸ばしたりするときに働く筋肉です。

 

腰を反らした時などに痛みが出る場合が私の臨床経験上多いように思えます。

 

普段、歩くときに後ろにけり出す歩き方ではなく、トボトボと前に足を出して歩く方や長時間の座り仕事で常にヒザが曲がっている方、ご年配の方で骨盤が後ろに傾いているような方はここが固くなり易く、ふいに屈んだり、椅子から立ち上がった時などでよく傷めやすいです。

 

経験上、、飲食店などで調理をされている方や前傾姿勢で仕事をしなければならない方は、ここに負担を掛け続ける姿勢となるのでよく傷めているように思えます。

 

立って腰を反らすと痛むのに、座って腰を反らすと痛まない方はここの筋肉が原因で痛みを感じられる場合が多いです。