知っておくべき事

交通事故での腰痛について⑨

腰の痛みを訴えてふじた整骨院にご来院される患者様のほとんどは筋肉が原因で痛みがでておられます。  しかし、腰の筋肉を揉むだけでは改善されないケースも多くあります。

 

実は、腰痛は腰とは別の場所の筋肉が原因で腰に痛みを感じさせていることが多いのです。

今回も腰痛と深いかかわりのある筋肉を紹介します。

 

腰痛でお悩みの方に少しでも役に立って頂ければ幸いです。  

腰痛の原因筋である『下腿三頭筋』   いわゆる『ふくらはぎ』の筋肉です。

実際は『腓腹筋』『ヒラメ筋』という2種類の筋肉から構成されています。

 

有名な『アキレス腱』につながっている筋肉です。  

経験上、立ち仕事が多い方、特に骨盤を前に突き出た様な立ち方をされている方は、ここに負担が掛かり傷めやすいようです。

 

主に腰を反らすと痛みが出る事が多いです。  

 

立った状態で腰を反らすと痛みが出るのに、座って腰を反らすと腰の痛みが出ない場合はまずこの筋肉を腰痛の原因筋と疑います。