知っておくべき事

交通事故での腰痛について⑩

 腰の痛みを訴えてふじた整骨院にご来院される患者様のほとんどは筋肉が原因で痛みがでておられます。 しかし、腰が痛いからといって特に長年腰痛であったりする方は腰の筋肉を揉むだけでは改善されないケースも多くあります。

 

  腰の痛みは腰だけではなく他の筋肉とのかかわりで痛みを起こしやすい箇所です。

今回も腰の痛みでお悩みの方に何か改善のヒントになって頂ければ幸いです。

 

腰痛の原因筋『前脛骨筋』『むこうずね』と呼ばれる個所に着いている筋肉です。

長時間歩いたりすると、この筋肉がパンパンに張ってくるので、昔の人(?)はここにお灸を据えていたのだとか。

経絡でいうと足三里(あしさんり)と呼ばれる個所が痛みの原因となり易いです。

 

反り腰や、腰を前に突き出している方などがここに負担が掛かりやすく、よく歩かれる方も当然ここに負担が掛かります。

特にガニ股で歩いたり、歩いている際につま先がかなり外に向いて歩いている方にも多く見受けられます。

立った状態で腰を前に屈めると痛むのに、座って屈むと痛みが出ないという方はここを痛めている可能性があります。