知っておくべき事

歩くと腰痛がでる方⑤

 今回で『歩くと腰痛が出る方へ』のシリーズは最後になります。 
前回のお話は『靴』でした。

靴の踵が脱げやすい、または、すり減ってたりすると歩き方が悪くなります。
結果として骨盤の筋肉に負担が掛かり易くなりますので踵が新しい靴に履き替えて、
紐靴ならつま先でなく踵をトントンして合わせてから紐で縛るようにしてみて下さいね。
というお話でした。
 
今回は、『下半身の柔軟性を上げましょう』です。
 
腰が痛むと腰にフォーカスしてしまって、足のストレッチなどを忘れがちになってしまいませんか?腰や骨盤の筋肉は足の筋肉と『筋膜』という膜で繋がっているので、足を柔らかくしておく事もとても重要です。
 
試しにストレッチをしてみましょう。
床に座って足を真っ直ぐ伸ばしてみて下さい。そのままアキレス腱を伸ばすように足を反らせます。そしてそのまま前屈します。
いかがでしょうか?どこかつっぱりが強い場所はありませんか?
 
今度は正座をします。
足は出来るだけ交差せず真っ直ぐにします。そしてそのまま手を後ろに着けながら体を後ろに倒していきます。
いかがでしょうか?どこかつっぱりが強い場所はありませんか?
そもそも正座が無理(膝に問題がない方で)な方は、その時点で足の前側の筋肉がかなり固いと言えます。そういった箇所をじっくり時間かけて伸ばしていきましょう。