知っておくべき事

交通事故に遭うと必ずむち打ち(頚椎捻挫)になりますか?

必ずとは言いませんが、交通事故に遭遇、特に追突された場合はむち打ちになるケースが非常に多く、軽い症状から重症まで存在します。

むち打ちは神経痛を伴うと、直接的には首を動かした時の痛み、じっとしていても常にある痛み、可動範囲の制限などがあります。また、背中、頭や両肩から両腕全体、指先に至るまで痛み・しびれ・違和感などの症状が発生し、頭痛・目まい・耳鳴り・吐き気などを伴うケースも多々あります。

また、むち打ち症は施術開始が遅くなると、完治せず後遺症として残る恐れがありますので、必ず早めに診療を受けるようにしましょう。

後遺症と認められてしまえば、自己負担金0円では治療は受けられなくなります。

交通事故後、レントゲンでは何もなかったのに・・・

交通事故直後、病院で「レントゲンでは異常がみられなかったので大丈夫。」といわれていたのにその後なんだかだるい。

体が重い、、、首に違和感が・・・などよくある話です。むち打ちなどで後遺症が残る場合は数ヶ月先から襲ってくることも多いのです。これらの症状は筋肉・腱・靭帯等の損傷で、レントゲンでは確認できません。体調がすぐれなければ、精神的にも憂鬱な日々が続きます。

まずは悩まず、診断を受けてみましょう。原因を見出し、解決できれば生活がもとどおりになります。ふじた整骨院まで一度ご相談ください。

交通事故後の判断は気をつけて!

交通事故直後は、体の調子をその場で自己判断しては問題です!隠れた症状が沢山あります。必ず診療を受けることが肝心です。

後遺症はとても怖いものです。一生煩うこともあり、慎重に対処しなければなりません。

何も症状がなくても、まずは、医療機関や治療院、整骨院に足を運び、一度みてもらうことをおすすめいたします。

 

トップページに戻る。