知っておくべき事

交通事故に遭うと必ずむち打ち(頚椎捻挫)になりますか?

必ずとは言いませんが、交通事故に遭遇、特に追突された場合はむち打ちになるケースが非常に多く、軽い症状から重症まで存在します。

むち打ちは神経痛を伴うと、直接的には首を動かした時の痛み、じっとしていても常にある痛み、可動範囲の制限などがあります。また、背中、頭や両肩から両腕全体、指先に至るまで痛み・しびれ・違和感などの症状が発生し、頭痛・目まい・耳鳴り・吐き気などを伴うケースも多々あります。

また、むち打ち症は施術開始が遅くなると、完治せず後遺症として残る恐れがありますので、必ず早めに診療を受けるようにしましょう。

後遺症と認められてしまえば、自己負担金0円では治療は受けられなくなります。